そこは二つの大きな公園に隣接し、米軍ハウスと呼ばれる平屋のアメリカン古民家と平成ハウスと呼ばれる現代的低層住宅が、樹々の間に点在して建っている自然豊かでピースフルなレジデンスプレース。
ハウス間に塀が無いのもこの街の特徴です。それでいてハウス間の適度な距離によりプライバシーはキープされています。また、各戸にSECOMのセキュリティシステムも導入されるなどボーダレスでありながら、プライバシーと安全が保たれる街。なかなか望めない距離感が、この街にはあります。
米軍ハウスのイメージを踏襲しつつ、現代で得られる最高の安全性と快適性および美観を確保した住宅です。自由で広々とした空間を確保したスケルトン構造で建物内の改装模様替えもご自由にどうぞ。
築50年の老朽化に対処し、全てのハウスは、柱と外壁を更新して構造的強化を図り、耐震性を高めると同時に快適性確保のため、断熱材強化で保温性能を向上。サッシ交換による気密性も十分確保しています。
ハウス原型のイメージを残し複雑な凸凹を無くし、白色系の木質横貼下見板を採用しています。また、左右バランスを重視し、サッシのラインが揃った窓や併設されたテラスはアメリカンテイストを更に演出します。
ジョンソンタウンにうまくとけ込んだワンルームタイプのフラッツです。一人暮らしの方で町の雰囲気を味わいたい方にオススメです。
トラスや古びた木材の感触を活かした米軍ハウスに対し、勾配天井採用によるロフト的2階を設けて広い居住スペースを確保した平成ハウス。どちらも原則として吹き抜け天井を採用。趣とスペースを確保しています。
リビングスペースを確保する事を第一義と捉えています。リビングと玄関室を一体化した設計によりスペース効率を更に確保しています。玄関を開けた瞬間、そこにはアメリカの家があります。
バスタブ、トイレ、洗面所が一体化された設計。浴槽は猫足バスタブ、洗面は浴室の広さに応じて出来るだけ大型の洗面タブを採用しました。利便性と清潔感を共に追求、実現しています
再利用された材木は趣を醸し出し、建築廃材の抑制に努めています。また、森林資源活用上有効なOSBを構造材としてばかりではなく内装仕上げ材として多用し、改装する自由度を更に高めています。
各戸にセコムのセキュリティーシステムを導入しています。開放的な町を陰で支えるセキュリティーは心強い味方です。
原則、室内段差を作らないコンセプトであり、車椅子利用者を配慮した細かい配慮がなされています。平成ハウスでは2階ロフトへの階段も車椅子用のリフトを容易に取り付けられる構造になっています。